ガソリン込みで元が取れる

沖縄の格安レンタカーを使える会社は何社もありますが、ガソリン込みのプランには大きな魅力があります。日帰りでもガソリン込みではないプランに1000円から1500円程度の上乗せする程度の金額で済むので、ガソリン10Lから15Lを使用する予定であれば十分に元が取れることになるのです。

この差額分は数日間借りるプランでも金額差に大きな違いがないことから数日の間はレンタカーを借りっぱなしにするというときにも良い方法になります。

ただし、自分で給油をしてしまうとメリットが減ってしまうので、できるだけガソリンを目一杯使って返せるように旅程を組み、それに合わせた車を選ぶことが重要です。しかし、実際にはそこまで苦労しなくても元はとれます。

元が取れる以上に嬉しいこととは

ガソリン込みの格安レンタカーを私が使うようにしているのは元が取れる以上に嬉しいことがあるからです。沖縄は中心街にはガソリンスタンドが多数ありますが、少し離れるとほとんど見かけなくなってしまいます。

いざという時に給油できないのは不安であり、最初からガソリンをどの程度使うかを計画しておくと安心できるのです。あまりひどい渋滞が起こることもないのでガソリンの消費量を予想するのはそれほど難しいことではありません。

それを行っておくだけで旅行も安心してできるようになり、適切な車を選んで格安レンタカーを借りることもできます。一石二鳥になるという魅力があるのでガソリン込みのプランを利用するようにしているのです。

返す手続きが速くて便利なガソリン込みのレンタカー

ガソリン込みのレンタカーは急いでいるときにも便利です。格安レンタカーを返すときにガソリンをチェックしてもらっていると返却に時間がかかります。
ほとんどチェックに時間がかかることはなく、速やかに精算をしてしまうことができるのはガソリン込みになっているメリットです。本来は給油をして使用したガソリンの量を調べ、それに基いた請求が行われます。返却のときに時間がかかってしまう原因になっているプロセスなので、これを省けるのは大きなメリットになるのです。

沖縄からフライトで帰るときともなるとレンタカーの返却で並ぶ場合もあり、フライトに間に合うかと不安になることもありました。しかし、ガソリン込みにしてからはその苦労もなくなったのです。