沖縄は格安レンタカーの宝庫!?

沖縄は人気の観光地だけあって数多くのレンタカー会社があります。業者間の競争も激しいので、他所にはないガソリン込みや免責補償料込みの格安レンタカーを用意している業者も多くあります。
沖縄は沖縄でも、沖縄本島辺りはまだガソリン代も本土とそんなに変わりはないものです。

以前は都市伝説の類で、旅行者は旅行者料金を請求されるという話がまことしやかにありましたが、その頃は本土も高めの頃だったように記憶しています。

これが離島などに行くとやはり割高感はあるのは輸送などの問題もあるので諦めるしかないのですが、ガソリン込みのレンタカーが見つかればこれはこれでうれしいものです。
石垣島や宮古島などの大きな島ならそういうプランも用意されているので、旅行計画を立てたならまずはチェックするポイントになります。

空港近くの営業所に返却する場合の注意点

レンタカーを借りた場合、那覇空港や石垣島空港、あるいは宿泊しているホテルなどへ業者が送迎してくれます。

営業所で簡単な手続きをして借りるのですが、返却した時は空港利用の方なら空港まで送ってくれます。これは格安レンタカー業者の場合でももちろん同じです。
注意したいのは那覇空港付近の営業所でレンタカーを返す場合です。ほとんどの業者が飛行機の出発の2時間前と指定しているようです。17時発の飛行機なら15時に営業所へ車を返却しなければなりません。これでは貴重な沖縄観光の時間をみすみす損しているようなものです。

なぜ早めの返却時間になっているのかと言うと、空港周辺の道路が整備されて以前と比べて格段に混み合うようになったからです。
空港近くのガソリンスタンドも返却の車が多く給油に時間が掛かるため、観光時間の確保と給油の時間節約のためにもガソリン込みのレンタカーは便利といえます。

沖縄でレンタカードライブを楽しむために守っておきたい事

ガソリン込みの格安レンタカーだからと言って、極端に年式が落ちた車とかキズが目立つという車でもありません。もちろん、衝突防止装置が付いた新型の車ではないですが、走りは良いし、格安で沖縄旅行を楽しむのには必要なものといえます。
観光客に人気の沖縄本島でレンタカードライブを楽しむには気をつけておきたい事がいくつかあります。先ほどのレンタカーの返却時間ですが、やはりキチンと守った方が賢明です。

那覇空港の近くの豊見城市や糸満市は再開発されてバイバスが通り、海辺にはリゾート施設や買い物施設が整備され、人気の観光スポットとなっています。そのため、周辺道路が混雑しているので、飛行機に乗り遅れないためにも返却時間は守りましょう。

また、沖縄で唯一の高速道路である沖縄自動車道は県外と違って最高速度が80キロになっています。レンタカーがオーバーしてよく切符を切られているので注意した方がよいでしょう。